[4]片手打ち

片手による打突

 一刀中段を基本とする現代剣道では、竹刀は両手で振るもので、上段や二刀のように片手で竹刀を扱うのは高度な応用技であると認識されています。

 そのため、上段や二刀を勧めると、
 「両手でもまだ満足に使えないのに片手打ちなんて」
と尻込みしてしまう人が大勢います。

 しかし、宮本武蔵は「五輪書」次のように述べています。

   刀脇差に於てはいづれも片手にて持つ道具なり、

   太刀を両手にて持ちてあしき事は
    第一馬上にて悪し、
    かけ走るとき悪し、
    沼、ふけ、石原、険しき道、人ごみに悪し、

   左に弓鑓を持ち、其外何れの道具を持ても、
    皆片手にて太刀を使ふものなれば、
    両手にて太刀を構ふること実の道にあらず、

   若し片手にて打ころしがたき時は両手にても打留るべき、
   手間の入る事にても有るべからず

 つまり、刀や脇差しは、片手で扱うのが基本で、両手で太刀を構えるのは実(まこと)の道ではないと言っているのです。

 一般に、片手で刀を扱うのは難しい応用技であると考えられるのは、「片手打ちは力業」という認識があるからだと思います。両手でもしっかりとした威力のある打突は難しいのだから、片手で威力のある打突をするには相当の腕力が必要だろうと考えてしまうわけですね。

 しかし、片手打ちは力で行なうものではありません。砂を詰めた重い瓶や素振り用の太い木刀を振って必要以上に腕力を鍛えなくても、太刀筋と手の内のコツを覚えれば、さほど腕力のない子供や女性でも、片手打ちは可能なのです。

[上へ]

片手打ちの太刀筋

 ほとんどの皆さんは、「片手で打つ」ということを考えるとき、左手で握った竹刀の柄頭付近を支点として、その竹刀を縦に回転させるように振ろうとするのではないでしょうか?。

 でもこのような振り方ですと、竹刀を打突位置で止めようとしたときに、支点となる左手首に大きな負担がかかり、並の腕力ではなかなかピタリと止められるものではありません。

 そのため、上段を志す人は、ビール瓶や一升瓶に重い砂を詰めて振り回し、左手首を鍛えようとします。しかし、こんなことをしなくても、もっと楽に振れる方法があるのです。

 あんまり勧められるこはありませんが、試しに竹刀を縦に回転させながら前方に放り投げてみてください。実際にやってみるまでもないことですが、回転しながら前方に飛んでゆく竹刀の回転の中心は柄頭ではありませんね。きっと竹刀のほぼ中央部の胴張りの付近を中心として回転していると思います。

 前頁でも述べたように、この回転の中心となる部分が竹刀の重心点です。つまり回転を与えて自然に放り投げられた竹刀は、柄頭ではなく重心点を中心に回転しながら飛んでゆきます。そして、実は片手打ちはこの自然な竹刀の回転力を利用して打つと楽に打てるのです。

 先ずは竹刀の重心位置を確認してみましょう。

 鍔をつけた状態で手の上に載せて竹刀のバランスを取り、重心の位置を割り出します。鍔の重さにもよりますが、多くの竹刀は、おそらく胴の一番張った部分の少し前方ぐらいに重心位置があるものと思います。そこでこの位置に目印になるように色の付いたビニールテープを巻いてみます。

 さて、このビニールテープを巻いた竹刀を上段に構えます。しっかりと構えが出来たら、左手はそのままに、右手のみを鍔元の柄から離してビニールテープのある位置に持ってゆき、その竹刀の重心を軽く支えます。

 そして、この重心位置を意識しながら、その重心点を真っ直ぐ相手の面にぶつけるような気持ちで、竹刀を前方に放り投げます。この時、もし右手と左手を同時に離せば、竹刀は全く回転せずに構えたときのそのままの角度で前方に飛んでゆきますね。

 そこで右手は放り離しても左手は離さないままでいると、左手が一杯に伸びた時点で、竹刀は左手の柄頭を支点として前方に回転を始めます。やがて竹刀が地面に垂直になる位置を越えて前方に倒れ込んで行こうとする刹那、今度は柄頭を支えていた左手を素早く手前に引いてみます。すると竹刀の回転の中心は、一瞬に柄頭付近から重心点であるビニールテープ付近に移動します。

 回転する物体の回転の速さは、回転の中心から作用点までの距離に反比例します。わかりやすく言えば回転軸からの距離が近い物体ほど回転スピードは速くなるわけです。先にも述べたように、ちょうど両手を伸ばしてクールクールと回転しているフィギアスケートの選手が、両腕を縮めた途端にクルクルッと素早く回転するのと同じ原理です。

 最初は柄頭付近を支点として回転しようとしていた竹刀は、支点となる回転軸から作用点である竹刀の先までの距離がその竹刀の全長いっぱいにありますが、柄頭部分を手前に引くことによって回転の中心が中央部付近に移り、作用点までの距離がおよそ半分ほどに短くなります。これによって竹刀の先の回転スピードが上がり、打突の冴えを生み出すわけです。

 もう一度わかりやすく書くと、片手打ちの竹刀は、柄頭を支点として縦に振るのではなく、竹刀の重心点を中心に回転させるように振りながら、なおかつその重心を前方の相手の面に向かって一直線に放り投げてやるのです。

 柄頭を支点として振られた竹刀の重心は、最終的には円弧を描いて下方に向かうため、左手でしっかり支えてやらなければ床をたたいてしまいます。しかし重心を中心に回転させるようにしながら、その重心を相手の面に向かって放り投げてやれば、竹刀は床に落ちずに前方に真っ直ぐ飛んでゆこうとします。

 この時の左手は、前方に回転しながら飛んでゆこうとする竹刀の一端を捕まえて、それを手前に引き戻すだけですから、重力に抗して竹刀を支えるほどの力を必要とせず、慣れてくればわずか2本指で掴んでいるだけでも竹刀を振れるようになってしまいます。

[上へ]

片手打ちの練習方法

 片手打ちがコツは力ではなく、その太刀筋と手の内の使い方にあるということは、ご理解いただけたでしょうか。

 そこで今度は、この片手打ちの技法を身につけるための具体的な練習方法について紹介してみます。

 練習には、剣道形用の普通の木刀を使います。そして、先ずは竹刀のときと同じように木刀の重心位置を割り出し、そこに目印のビニールテープを巻きます。この木刀を左片手でも持ち、峰打ちの要領で振ってみます。つまり木刀の刃の向きを逆にして、刃と反対側の峰の方で打つような感じで振る訳です。

 このように振ると、木刀の先端がその反りの方向に向かって前方に伸びてゆこうとするために、木刀がその重心位置を中心に回転するという感覚が掴みやすくなります。先ずは手首の力を柔らかくして木刀の自然な回転運動を妨げないような手首の使い方を覚えてください。

[上へ]

体重を竹刀に載せる

 さて、上記の練習では、重心を中心に回転する木刀や竹刀の動きを妨げないような手首の使い方を学ぶことが出来ました。しかし、これのみでは竹刀の先端に加わる力はその回転力によって得られた力のみですから、素早く打つことは出来ても「斬る」ための十分な打撃力を与えることは出来ません。そこで木刀の回転力に自らの体重を載せて、より強力な打撃力を生み出すようにします。

 そこで先ずは、跳び箱を思い浮かべてみましょう。跳び箱を跳ぶときに、皆さんはどのようにしますか?。おそらく二の腕の下側の筋肉を使って、両手を跳び箱のマットに叩きつけるようにしながら、腰をぐっと入れて身体を持ち上げようとしますね。この時腰が引けていると跳び箱を上手く飛ぶことが出来ません。両手を叩きつけるようにしながら腰を前に運ぶ意識が必要なはずです。

 このイメージを持って竹刀を振ります。打突した瞬間に竹刀を跳び箱に見立てて、腕の下筋を使ってぐっと体重を竹刀に載せるようにしながら腰を運んでゆくわけです。この時、僅かに手首を内側に絞り、手の甲がやや上を向くようにしながら小指薬指を締めます。これで重心を中心とした回転力に、自らの体重を載せた腰の前進が伴い、打突に威力を増します。

 最初は手と腰の動作がなかなか一致しにくいかもしれませんが、手の振りよりも足の踏みだしの方を早めに行うように意識してやれば、気剣体が一致しやすくなるはずです。何度も繰り返し練習してみてください。

 また、左上段からの面打ちすると、ほとんどの人が、右足で踏み切って左足を踏み出す際に、腰が上方向から見て右回り(時計回り)に回転する傾向が強いようです。

 つまり左足の踏み出しに伴って左腰が前に出て、腰全体が踏み蹴った側の右腰を中心として右回りに回転し、その回転運動が上半身に伝わり、これによって右肩が引かれ左肩が前に出るという肩の右回りの回転運動を生じ、この肩の回転が左手に持った竹刀を前方に振り出させるという一連の動作となります。

 しかしこのような打突動作ですと、右足の踏み蹴りの力が、右足>右腰>左腰>左足と伝わり、この力が伝わる課程で腰に右回りの回転運動を生じ、その回転運動が体幹を通して上半身>肩へと伝わり、左肩が前に出て左手による打突動作になるという具合に、力の伝わり方が複雑な上、打突時の姿勢が右に開いた半身の姿勢になってしまいます。

 また振り出された竹刀も身体全体の回転運動に伴って左方向から斜めに振り出されるかたちになりやすく、太刀筋が不安定になりがちです。

 右腰が残らないよう注意してください。

[上へ]



[前頁]   [目次]   [次頁]